委員会方針

 

副会長方針

 

副会長  木戸 重信

この度、梅村会長のもと2018~2019年度の副会長を務めさせて頂くこととなり、兼務であるクラブ奉仕委員長も含め会員皆様とともに勉強をしていく所存です

  今年度、梅村会長が所信に掲げて有りますように、ロータリーの基礎を改めて学ぶため、研修や勉強会を通して会員個々を磨くことで、クラブとして更なる奉仕活動を目指していけるように会長を支えてまいります。
 

 微力でありますが、精一杯努めさせて頂きますので、会員皆様のご協力をお願いします。

 
 

幹事方針

 

幹事  稲本 良二

 

この度、梅村会長のもと幹事という重要な役職を務めさせて頂くことになりました。

  今年度の地区ガバナー方針は「ロータリーの奉仕の理念を学び、奉仕を実践しよう!」です。

  会長のテーマであります「個々を磨き、今よりもっと輝くクラブを目指して!」を理解し、研修や勉強会を実践して、私自身も基本に戻って皆様と一緒にロータリーの奉仕の理念について学ばせて頂きます。メンバー全員が、再度基本的なルールや知識を身に着けて頂く一助になるよう精一杯努力してまいる所存です。

 

 一年間クラブの活動や運営が楽しくスムーズに出来ます様、皆様のご協力とご指導を宜しくお願い致します。

 

 

会員増強委員会

委員長  本多 幹

  今年度、会員増強委員会を担当させていただくことになりました。毎年、各委員会等で様々な例会プログラムが実施されます。この例会プログラムが充実し活発であり続けるためには、より多くの会員が必要であり、会員増強はクラブの活性化に大きな役割を担うものと考えます。

 委員会では、会員皆様へのヒアリング等、候補者調査に力を入れ、継続的な新会員の獲得へつながる活動を行いたいと思います。また、会員皆様と積極的なコミニケションを図り、退会防止を含めた会員増強の重要性について、認識を共有していただけるよう努めてまいります。一年間宜しくお願いいたします。

 

親睦活動委員会

委員長  中山 憲和 

 

親睦と奉仕はロータリーの両輪であると言われています。しかし、本来の親睦とは例会に出席し、仲間同士で奉仕を語り合い、お互いに助け合いながら事業や活動を行う中で培うものであり、単なる遊び仲間を作るものではありません。したがって、親睦活動委員会の行う事業はロータリーの両輪といわれる親睦とは別の事業といえます。しかし、本来の親睦を図る上でも会員同士の懇親の機会を作ることは大切なことであると思います。

 豊田中ロータリークラブは創立当初より親睦活動には積極的で、年間3回から4回の例会を受け持ってまいりました。本年度親睦活動委員会も3回の例会を受け持ち、創立当初からの会員と新しい会員との融和を図り、本来の親睦のための一助となるよう活動してまいります。皆様のご協力を宜しくお願い致します。

 

職業奉仕委員会

委員長  伊豫田 健児

  本年度の職業奉仕委員会では、梅村会長の所信を踏まえ、職業奉仕についてわかりやすく学べる担当例会を開催します。

 また、村井ガバナーの地区方針において触れられている「ミニスピーチ」を通常例会で唱和する「四つのテスト」に関するテーマで委員会メンバーが担当して行います。

 会員の皆様に職業奉仕に対する理解をより深めていただけるよう努めてまいりますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。


社会奉仕委員会

委員長  松下 佳史 

 

今年度の社会奉仕委員会は、当クラブが長年培ってきた経験と実績を、さらに進化させ実りあるものにする為、梅村会長の所信を踏まえ輝くクラブを目指して、活動状況を社会にアピールできるよう、ロータリークラブの存在意義を社会に認識して頂ける活動をして参ります。皆様一年間宜しくお願い致します。

 

国際奉仕委員会

委員長  纐纈 修

    国際奉仕とは、国際理解、親善、平和を推進するために活動する事であり、国際奉仕委員会はロータリー財団、米山奨学会、世界親睦活動の部門で活動しています。

 本年度国際奉仕委員会は会長所信にも有りますように、経験年数の浅い会員に対してもロータリー財団や米山奨学会等の活動を理解して頂ける様、努めてまいります。また、国際ロータリー第2760地区WFF(ワールドフード+ふれ愛フェスタ)に例会として参加を致します。

 会員の皆様のご支援、ご協力をお願い致します。

 

青少年奉仕委員会

委員長  三宅 哲也 

 

 青少年奉仕委員会は年齢30歳までの青少年を含む新世代を対象とした支援プログラムを実践する委員会です。

継続事業である絵本プロジェクトを行い、新世代のとよた学生プロジェクトと共に

多様なニーズを踏まえ、より充実した企画への改善を行いたいと思います。

 また、委員会活動を通じて青少年との交流を深め、奉仕の気持ちを忘れずに実りある一年にしたいと思います

 

 

What's new