委員会方針

 

会長エレクト方針

会長エレクト  木戸 重信

 

 この度、加藤会長のもと2019~2020年度の会長エレクトを務めさせていただくこととなりました。

 今年度のRI会長及び地区ガバナ-方針のもと加藤会長のテ-マ「次の10年に向けて持続可能なクラブにしていこう」の実現に取り組んで行きます。特に創立20周年記念事業及び記念式典については、我が豊田中RCの歴史を振り返えるとともに、未来への希望と挑戦のきっかけとなる大切な行事ですので、会員皆様のご理解とご協力をいただき成功に導きたいと思います。

 また、この1年はクラブが歩んできた19年間に加え、さらにロ-タリ-を勉強しクラブの現状について理解を深めることで、クラブの弱点を克服し、長所を伸ばして豊田中RCとしての個性ある姿を模索して参ります。皆様のご協力をお願いいたします。

本年度、会長エレクトを務めさせて頂くことになり、ロータリー活動について改めて勉強し直さなければと感じております。

 

 

副会長方針

副会長  横地 朗

 

 本年度、副会長に就任することになり、身の引き締まる思いです。副会長は会長を補佐することが職務と考えますが、担当委員長はじめ委員の方々の力と、会員の皆様のご協力がなくてはならないと思います。

 また、会長所信にあります重点項目の実現に向かって努力をしていく覚悟であります。

 そして、クラブ奉仕委員長も兼務しています。会長の重点項目とも重なるところもあり、各委員会と連携を密にして事業遂行をしてまいります。会員の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

 

幹事方針

幹事  西村 圭人

 

創立20周年という重要な節目の年に、幹事という大役を仰せつかることとなり、身の引き締まる思いであります。

 RI会長テーマ「ロータリーは世界をつなぐ」や地区ガバナー方針「グローバルに考え、地域社会とつながり、ロータリーを成長させよう」が示すとおり、今年度は「つながること」に重点が置かれております。持続可能なクラブにしていくため、会員同士がより一層深くつながれる活発な奉仕活動や親睦活動ができるよう、スムーズな理事会進行や各委員会の調整、会員への連絡報告等を積極的に行って参ります。

一年間、クラブの運営や活動を円滑に進めていけるよう、何卒ご協力よろしくお願い致します。

会場監督方針

会場監督  鈴木 寛

 

 本年度、会場監督を務めさせて頂くことになりました。

会場監督は例会が楽しく、秩序正しく運営されるよう常に配慮し、気品と風紀を守り例会がスムーズに進行できるように、監督することが職務とされています。

創立20周年の年度でもあり、会員の皆様に思い出の残る例会に、会場設営委員会の協力の下に務めてまいります。皆様のご協力を宜しくお願い致します。

 

 

会員増強委員会

委員長  中山 憲和

 

会員増強は今後もクラブを存続させ、活発な活動をするため、最も大切なクラブ奉仕と考えます。厳しい状況にあった当クラブでは、会員増強に繋がる様々な試みが図られました。そして、皆様の努力により、会員数も増加に転じ、近年においては創立時に近い会員数を維持しております。

そして、この数年に入会された若い会員の皆様は会員増強にとっては大きな戦力であると考えます。多くの新会員の推薦を期待していますので、よろしくお願い申し上げます。

また、ロータリー歴の浅い会員が推薦者の場合は、新会員に対してロータリーについての十分なフォローが出来ないと思われます。例会場では、研修委員が近い席に座るとか、歓迎会を行い知識豊富な会員と早く懇意になって頂くなど、研修やオリエンテーション以外でも真のロータリアンの育成に努めてまいりたいと思います。

 

 

事業内容及び計画

1.第901回例会担当 8月20日(火)

2.新会員候補の発掘

3.新会員歓迎会の実施

 

研修委員会

委員長  中垣 幸春

 

 本年度研修委員会では会員候補者に対してロータリークラブ会員の特典と責務の情報提供をさせて頂き、そして新会員へはこれらを理解していただくためにもオリエンテーションを開催し育成を図りたいと思います。そして会員のみなさまには情報を再認識して頂くと共に新たな情報を提供していきます。20周年を迎えるにあたり将来に向けクラブがますます成長できるよう会員みなさまのご協力とご指導お願いします。

 

事業内容及び計画

1.第927回例会担当 4月7日(火)

2.会員候補者に対しロータリーの特典と責務の説明に努めます

3.新会員に対してオリエンテーションの開催

4.会員に対して国際ロータリー、地区からの情報提供に努めます

 

 

親睦活動委員会

委員長  麦島 敦彦

 

今年度の親睦活動委員会では、会員間の理解と友情を深め、会員及び家族の方も喜んで頂けるような、笑顔のある楽しい親睦行事を企画していきます。そして、豊田中ロータリークラブの創立20周年に相応しい行事になりますよう、委員会一同全力で取り組んでまいります。

また、会員の皆様への祝福や来訪者の会場へのご案内など、通常の例会においても、他の委員会と協力しながら、会員が出席したくなるような例会になるよう努めてまいります。皆様のご協力並びに積極的なご参加を宜しくお願い致します。

 

事業内容及び計画

1.第900回例会担当 (出張例会)    8月 6日(火)

2.第916回例会担当 (クリスマス例会)12月17日(火)

3.第933回例会担当 (宿泊出張例会)  5月31日(日)~2日(火)

4.祝福紹介、記念品贈呈 (通常例会時)

5.来訪者のご案内 (通常例会時)

 

 クラブ奉仕委員会

委員長  横地 朗

 

クラブ奉仕委員会は、プログラム、会場設営、出席、クラブ会報・雑誌・広報の4つの委員会で運営を行います。

クラブ奉仕の役割は、会員同士の関係を育み、積極的な例会運営を実行し、活気あるクラブづくりを行う事だと考えます。その為に、それぞれの委員会が会員にとって充実した楽しい例会が開催出来るような企画をしていきたいと思います。

 皆様にとって、ロータリーライフが楽しいと思えるようなクラブ運営に務めます。

 会員皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

 

プログラム委員会

委員長 宇田川 佳世

 

プログラム委員会は会長所信並びに各委員会の方針に基づき、年次計画書・年次報告書の作成と会員名簿の管理をし、当クラブの例会運営に貢献できるよう活動してまいります。

会員皆様のご理解と、ご協力をお願い致します。

 

事業内容及び計画

.年次計画書及び年次報告書の作成

.卓話者、ニコ当番への事前連絡と会場設営委員への連絡

.手帳型名簿の更新及び変更

 

卓話者、ニコ当番に関する注意事項

.卓話者の方は、2週間前までに演題をプログラム委員会にご連絡ください。

又、卓話時間の配慮をお願い致します。

.卓話者、ニコ当番の変更は、各自の責任において対応してください。

変更のある場合は、内容をプログラム委員会に必ずご連絡ください。

卓話者、ニコ当番に関する注意事項

 1.卓話者の方は、2週間前までに演題をプログラム委員会にご連絡ください。

  また、卓話時間の配慮をお願い致します。

 2.卓話者、ニコ当番の変更は、各自の責任において対応して下さい。

  変更のある場合は、内容をプログラム委員会に必ずご連絡ください。

 

会場設営委員会

委員長  稲葉 俊伸

 

会場設営委員会は例会場の準備・設営を担当します。皆様が楽しく出席できる会場の設営やクラブ活動が活発となるようスムーズな司会進行に務めます。また、例会・クラブ活動全体の活性化につながるよう努めます。            

会員の皆様が楽しめる会場設営を心掛けてまいりますので、ご協力をお願い致します。

 

事業内容及び計画

1.通常例会当日の進行(司会)・準備・片付け

2.配布資料のポスティング

3.第912回例会担当(豊田東RCとの合同例会)11月20日(水)

4.第936回例会担当  6月30日(火)

 

 

出席委員会

委員長  川 新吾

 

我々ロータリアンの基本は、まず例会に出席する事から始まります。なぜなら出席する事によって、メンバー同士の信頼関係がより一層構築され、ロータリアンとしての自覚、ロータリー活動の向上に繋がるからです。

諸事情により欠席の場合は、必ずメークアップを行って頂き、修正出席率100%を目指していく所存であります。

特に本年度は、創立20周年を迎える節目の年度でもあります。

会員皆様のご理解とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

 

事業内容及び計画

1.例会及び諸会合の出席の奨励

2.来訪者の受付

3.例会出席率の報告

4.皆出席者の表彰

5.例会変更時の受付(メークアップ受付)30分前待機

6.お通夜・葬儀の受付

7.出席義務違反のペナルティーは、出席委員会の責任で徴収

(使途については皆出席表彰の記念品代に充当する)

8.年間オーバー出席10回以上の会員に記念品を贈呈

9.第928回例会担当(賀寿例会) 4月14日(火)

*7.8は豊田中ロータリークラブ内規活用

クラブ会報・雑誌・広報委員会

委員長  猿渡 亮二

 

クラブ会報委員会は、例会ごとに週報を作成し、会員相互の情報共有に務めます。また、地区行事、委員会活動、同好会や野球部の情報発信にも活用していきます。

 

 雑誌委員会は、雑誌「ロータリーの友」のおすすめ記事を毎月の例会にて紹介し、会員へのロータリーの友の閲読を促します。

 

広報委員会は、IT委員会と連携し、週報をホームページに掲載しSNSを活用し豊田中ロータリークラブのPRに努めます。

 

事業内容及び計画 

1. 週報作成(例会ごとに作成し、HP掲載)

2.「ロータリーの友」の記事紹介(毎月)

3.第905回例会担当

4.奉仕活動のPR(SNS活用)

5.1年間の活動記録の保管