会長挨拶
会長所信
 
 
2020~2021年度 ホルガー・クナーク会長テーマ
「ロータリーは機会の扉を開く」
 
2020~2021年度 RI第2760地区 岡部 務 ガバナー方針
「行動するロータリアン!世界で何かよいことをしよう、TOGETHER!」
 
2020~2021年度 会長テーマ
「活気のある例会から様々な奉仕プロジェクトにつなげよう」
 
 
会長  木戸 重信    
 
 
 前年度、クラブ創立20周年記念式典を盛大且つ成功裏に終える事が出来ましたのも、関係各位の皆様のご理解と豊田中ロータリークラブ会員皆様のご協力の賜物と深く感謝申し上げます。
 
 本年度RI会長のテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。ロータリーとは、単にクラブに入会するというだけでなく、「無限の機会への招待」であり、奉仕プロジェクトを通じて会員自身や受益者の人生をより豊かにするための道を開くのがロータリーであると述べられています。そして、奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機会を生み出すものであり、リーダーシップの機会、奉仕のアイデアを実行に移すために世界を旅する機会、そして生涯続く友情の絆を築く機会を与えてくれるものです。
 
 そして岡部 務ガバナーの行動指針として、クラブの活性化を図ろう・ロータリーファミリ-との連携強化をしよう・会員増強をしよう・ロータリー賞への挑戦・国際大会へ参加しようとされております。
 
 当クラブは、創立20周年を終え次の周年に向けてさらなる発展のため変革を受け入れ、持続可能かつ有意義なかたちで成長できる方法を考えるとともに、現会員を維持し、クラブにふさわしい新会員を募る事に重点を置き取り組んでまいります。 
 
 未来の豊田中ロータリークラブにとって、伝承していくものは何か、変革していくものは何か、などさまざまな角度から見直すことで、柔軟性のある自由度の高いクラブ創りが今必要とされていると思います。会員皆様のさらなるご理解とご協力をお願い致します。
 
 
《重点項目》
・例会参加者を増やす(活気のある例会を目指して)
・継続できる会員増強(純増3名)と具体的な退会防止
・親睦、同好会活動の充実
・入会歴の浅いメンバーを中心とする新たな組織にて奉仕プロジェクトの模索をする